日本のヒップホップは、1980年初期から始まったと言えます。もちろん、当時はメジャーな音楽として明確に認識されていた訳ではなかったようですね。ヒップホップの一つにラップを意識した曲が作られるようになっています。ヒップホップダンスの映画に「フラッシュダンス」があります。この映画は多くの人の注目を集めました。それから次に、多くのミュージシャンが出てくることになります。(笑顔)日本では、このヒップホップとはミュージックのことを指していることがあります。それがほとんどでしょう。

原点であるアメリカのニューヨークでは、ヒップホップとはミュージックだけではありません。それから次に、「DJ」や「MC」が多くの若者の人気を集めていますよね。しかし、メジャーな音楽としてではありません。アンダーグラウンド的な音楽だったと言います。それから時代は変わって、現代ではヒップホップが多くの人が認めるようになりました。(笑顔)

そんなことでヒットチャートにも当たり前の様に登場するようになっていますよね。それを意識しない場合があります。それでも、ラップを取り入れた楽曲が作られています。自然と体が動き出す若者がいます。人気があります。音楽としての明確な定義はどうでも良いのですが、リズムの心地よさが何となくアフロアメリカンとか、スパニッシュをイメージされます。(笑顔)。

関連ページ