ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法など

 

あなたは、秋になると鼻水やくしゃみなどの辛い症状に悩まされていませんか?2月〜4月の春先にそのような症状に悩まされる方は多いと思いますが、意外と多いのが秋に引き起こされるアレルギー疾患です。今や日本人の約6人に1人の割合で発症していると言われる花粉症です。そのうち認知度が低く夏風邪と間違われやすいのが、ブタクサによって引き起こされるものです。

 

そのため秋に鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状があらわれている場合には、早急に対策を行なう必要があります。安易に風邪薬など市販の薬を飲んでいては、対処法が間違っているのでなかなか治りませんよ。と言っても、秋には他にもアレルゲンとなる雑草があるので、まずは医療機関で検査をしてアレルギー源を特定する事が必須になります。

 

日本では春先に飛散するスギ植物が有名ですが、アメリカではブタクサに悩まされる患者数が全人口の5〜15%を占めるほど一般的なようです。それは、北アメリカ原産の植物ということで納得できますね。と言っても、アメリカに比べて患者数は少ないにしても、日本でもブタクサに悩む方は年々増加しています。夏の暑さがひと段落する秋に、日本ではどんな対策を行なったらいいのでしょうか。

 

そこで、こちらではブタクサの花粉対策について幅広くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。しっかりと対策を行なうことで、秋も快適に過ごすことが可能になりますよ。スギほどの飛散量はなく飛散距離も短いので、比較的簡単な対策で十分です。あなたも今すぐに対処を行なって、重症にならないように気をつけましょう。

 

さて、医療機関の検査で原因植物がブタクサだと断定された方は、まずは極力花粉を体内に取り込まないような対策が必要になります。これは、一般的な対策法と同じで特別な事ではないですね。マスクをしたり専用メガネをかけたり、洗濯物を室内に干したりなどします。山や雑草が多く生えている場所に行く事も控えて下さい。それが一番効果的な対策になります。

 

その他、摂取すると良いお茶やサプリメントなど色々とあるので、こちらでいくつかご紹介しています。薬ほどの即効性は無いですが、副作用が心配な方にはお勧めですよ。特に市販薬には副作用として眠気が伴うことがあるので、運転時や危険が伴う職種の方の服用には注意が必要です。そういった方は医療機関に相談してみて、適切な医薬品を処方してもらいましょう。

 

ちなみに、秋の花粉症として代表的なのがブタクサですが、他にも原因として考えられるものにヨモギやクワ科のカナムグラなどがあります。ブタクサだけが要因ではない可能性もあるので、秋に鼻水や目のかゆみなど症状に悩む方は十分に注意しましょう。アレルギー疾患は、重症化すれば命に関わるほど危険な病気です。軽い症状でも放置しないようにして下さい。それではごゆっくりご覧下さいませ…

花粉症で悩んでいるならこちら

ブタクサとは?


あなたは、ブタクサをご存知ですか?

 

これは、秋に症状が出る花粉症の原因となっている植物のことです。

こちらではこの植物についてご紹介していきますね。

 

ブタクサは、北アメリカ原産の雑草です。

 

高さは1mほどになる一年草で、キク科の植物になります。

 

開花時期については7月〜10月ごろの秋になります。

 

同属のオオブタクサの場合では、なんと高さは2m〜4mほどになります。

 

凄い高さでしょう。

 

そのどちらも原因物質となる雑草です。

 

日本国内では、スギやヒノキの次に患者数が多いとされている代表的なアレルゲンとなっています。

 

アメリカの場合では、全人口の5%〜15%もの人がブタクサによるアレルギーを持っています。

 

さて、スギやヒノキの花粉は3月頃から飛び始めます。

 

それが落ち着いたころの7月下旬にブタクサが飛散を開始します。

 

症状を訴える人は9月ごろから徐々に多くなってきますね。

 

日本で花粉症を起こす原因は、木と草の花粉になります。

 

この二種類に分けられます。

 

※木の花粉の飛散時期は1月〜6月ごろ、草は5月〜11月ごろです。

 

ブタクサの時期は7月下旬からとなっていますが、その直前にイネの花粉が飛びます。

 

それは、スギやヒノキが飛ぶ時期と重なっています。

 

その時期は、スギ、ヒノキ、イネなどで体にアレルゲンがもたらされてだいぶストレスも溜まっている頃でしょう。

 

そんな中で症状がキツくなることもあると言われています。

 

そんな事から、自分の症状に合った対策をする必要があります。

 

体にかかる負担を少しでも軽減できるように対策を行なっていきましょう。

 

特徴について


ブタクサの花粉が私達の喉や鼻などの粘膜に触れると、体の免疫システムが異物侵入を感知します。

 

それを排除しようと働き、体の中でヒスタミンが分泌されます。

その結果、血管や粘膜を刺激するようになり、それでくしゃみが出たり鼻水が出たり、目がかゆくなったりします。

 

お分かりでしょうか。

 

<ブタクサによる花粉症患者について>
発症者には、果物のアレルギーを持っている人がいます。

 

例えば、メロンやキュウリ、スイカなどウリ科のくだものを食べた時、唇や口や喉に刺激が加わります。

 

それによって、かゆみを感じるという症状が出ます。

 

これらのウリ科の植物とブタクサには、アレルギー症状を引き起こす共通のアレルゲンがあると考えられています。

 

そのため、人間の体の中に入るとアレルギー反応を引き起こすという特徴があります。

 

ごく稀な話ですが、たくさんの花粉が一度に体の中に入ってくることで、アナフィラキシーショックというショック症状を起こすことがあります。

 

あなたはご存知ですか?

 

最悪な場合は、呼吸困難に陥ってしまうこともあるそうなので注意が必要です。

 

喘息の疾患がある人、花粉症が重症の人は、極力ブタクサに近づかないようにしておきましょう。

 

その方が良いと思います。

 

また、不用意に原因となる物質がある近くで運動をしないようにして下さい。

 

原因物質をたくさん吸い込んでしまうことがないようにすることが大切です。

 

この辺をしっかりと注意することが必要になります。

 

ちなみに、世の中ではスギ花粉の飛ぶ量を天気予報で報告したりしています。

 

飛散時期を示したりもしています。

 

花粉症と言えば、スギやヒノキなどをイメージする人がほとんどだと思いますが、そんな中で実際にブタクサによる症状に悩まされている人もたくさんいると言われているので注意が必要です。